相続・遺産分割協議書の相談なら行政書士へ

エンディングノートとは?

【風見行政書士法務事務所からのお知らせ】


当事務所のモットーは「親切」「丁寧」「じっくりと」「分かりやすく」です。
お急ぎの方や価格にこだわる方には不向きかもしれません。

エンディングノートとは?

子供たちや残される人たちに、葬儀の件や所有している財産の事を書き残したいけど「遺言」にするほど大袈裟な事では無いんだよなぁ…。
と、お悩みの方へお勧めするのが「エンディングノート」になります。
「遺言」のように法的な拘束力はありませんが、「ご自身が歩んできた道のり」や「所有している財産の保管場所」「葬儀の方法や知り合いの連絡先」「子供たちへの感謝の言葉」などを書き残すことが出来ます。

 

当事務所にてご案内しているエンディングノートは、終活アドバイザー協会の母体である「NPO法人ら・し・さ」が発行する「ら・し・さノート」になります。
この「ら・し・さノート」は、主にFP(ファイナンシャルプランナー)として活躍されている方々が作成したもので、従来のエンディングノートとは違い、これまでの人生の振り返りとこれからやりたい事を記入することにより、これからの人生の目標を再確認することの出来る様式になっています。
もちろん、従来からある財産や医療・介護・葬式の希望なども記入できるようになっています。


らしさノートの販売及び記入方法の説明

当事務所では、らしさノートの販売および記入方法の説明も承っております。

 

お一人様 2000円(ノート代込み)

 

エンディングノートの活用方法等をご案内するセミナーも行いますので、開催をご希望される団体の方からのお問い合わせもお待ちしております。

 

なお、らしさノート単品での販売は致しておりませんのでご了承ください。


トップへ戻る