相続や遺産分割協議書の相談なら行政書士へ,行政書士およびファイナンシャルプランナー(FP)業務,千葉県流山市、野田市、柏市、松戸市、埼玉県三郷市を中心に訪問対応可

相続業務

相続業務記事一覧

相続の手続きを考えると気が重くなりますね。土地や資産が多く争いになってしまうケース土地や建物の登記が先々代から変更されていないケース相続人の仲があまりよくないケース急な相続で資産や負債が全く分からないケースそもそも相続人がいない又は相続人が多いケース等々、考えると大変です。資産が多いから相続でもめると思われがちですが、裁判まで発展する事案の大半は5000万円以下の相続です。(平成29年司法統計より...

「被相続人」(亡くなられた人)の死亡と同時に相続が発生します。そして、相続人が複数いるときは、被相続人の財産は「共同相続人(相続人全員)」の共有に属します。つまり、相続人が長男だからとか、配偶者だからと言って一人で勝手に処分することはできないのです。法律上、死亡届を提出すれば、死亡の手続きはほぼ完了しますが、預貯金の解約手続きや不動産の登記手続きなどには「相続人全員の合意」が必要となります。合意を...

トップへ戻る